2017年12月02日

【2017年第34節】浦和レッズ戦@さいたまスタジアム2002〜最終節〜


復活してきた守備

○1−0


前田ちゃんの「開幕戦のバブちゃんのゴールを思い出させる」ようなゴールが決まり、クリーンシートも決まっての勝利。
浦和レッズに対しては今年はダブル。悪くない結果だ。

最終節としては、とても素敵な非常に良い勝ち方だった。
天皇杯の残り2試合も是非クリーンシートで粘ってほしい。

・・・

本日でリーグ戦は、川崎フロンターレがJ1初優勝して終了した。

まず、鹿島目線からすると、2013年のマリノスを見ているようで切ない。
今朝方のツイートで、「鹿島は負けるんじゃないか」という予想を出していた。実際に負けはしなかったものの、勝ちきれず。最終節の相手が前回ホームでボコボコにやられていた磐田だったのが大きい。鹿島としては何としても33節のホーム柏戦で決めるべきだった。しかし、こういうドラマがあるのがサッカーである。物語は予定調和では決してない。思えば、今年は鹿島天皇杯優勝(2冠達成)から始まった。鹿島は昨年の2ステージ制をうまく利用してリーグ王者となり、Jリーグ勢として(アジア勢としても?)初めてクラブW杯のファイナリストにもなった。しかし、逆にリーグの状況として調子が良かった今年は最後の最後でタイトルを落としてしまう。

また、今日負けた浦和はリーグはなぜか非常に良くない結果だったが、ACL優勝という凄まじい結果を残す。恐らく浦和サポも選手もかなり満足したシーズンだったのではないか?しかしその浦和も思えば、昨年は年間勝ち点で一位でありながらも鹿島にチャンピオンシップで負けてリーグタイトルを逃している。その悔しさがあってのACL優勝という結果だったのだろう。

そして、川崎フロンターレ目線からすると、劇的なリーグ優勝だったと思う。ご存知の通り、川崎フロンターレは、シルバーコレクターと言われるほど、準優勝を繰り返しあと一歩のところでタイトルを逃し続けてきた。昨年は浦和レッズに追いつかず、さらには 天皇杯でも鹿島に決勝で負け、ACLでも浦和レッズにかなりの点差を逆転され、勝てると前評判があったルヴァン決勝においてもセレッソに負けた。「何かの呪いです」と嘆いていた知り合いの川崎サポもいた。しかし、そんな中、リーグで首位鹿島との勝ち点差が離れても、優勝を信じて諦めなかったチームや選手、サポは素晴らしかったと率直に思う。
今回の優勝時での川崎サポのタイムラインやDAZNの映像で多くのサポや選手の涙を見る限り、川崎が今までかなりサイズの大きいコンテキストを形成していたことが伝わってきた。当該者でもないのにだ。佐藤琢磨がインディ500を優勝した時に感じた感情に似ている。(参照:「エモはコンテキストの中に存在する〜佐藤琢磨のシャウトで感じたこと〜」)。そして、今回の優勝で川崎が得るDAZNマネーは18.5億円・・・。これは初めてのケースなのでどうなるかわからないが、Jリーグがもし2極化しビッククラブ化が進むのであれば、川崎はスタートダッシュに大成功し、間違いなくその仲間入りを果たしたことになる。どんなチームになっていくのだろうか?川崎市マネーでサッカーの専スタもできるのだろうか?

その横で悔しい思いをしたのが、横浜Fマリノスである。チームの変革期として挑戦した2017年。劇的な浦和レッズ戦の勝利から始まったものの、序盤は苦しい試合も多く、中位に沈む。しかし徐々に調子を取り戻して、途中は連勝街道を突き進むこともでき、ACL圏内リーグ3位まで躍り出た。しかし、終盤は失速し、今回の最終節で勝利したものの結果は5位・・・。

これを是非、チームも選手もサポも悔しいと思ってほしい・・・。
その思いが天皇杯に生きてくる。

2018年1月1日の天皇杯決勝。
既にチケットは購入済み。
相手は強敵だが、優勝のイメージを強くもって挑む。

最後は必ず勝ってタイトルを!!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

ランキング参加中。記事に「いいね」を頂ける方は↑のワンクリックをお願いいたします(^^)v


posted by ファンキー太郎 at 17:30| Comment(0) | 2017年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

【2017年第33節】ベガルタ仙台戦@ユアテックスタジアム仙台

一昨年、昨年続けて遠征していた仙台には今回は不参加。
ホントは友人とバー(2016年リーグ戦遠征時参照)に行く案もあったが、私がお酒を飲まなくなったこともあり、その会は頓挫し、行くか迷っていたらチケットも売り切れて行けなくなったような感じ。お酒はなくとも、ライドとお寿司と牛タン、もしくは芋煮会への合流・・・ってのは少し思いましたさ。それくらい仙台遠征はあらゆる遠征の中でも魅力的。

で、久々のDAZN観戦。

試合は

△2−2

現地の人もDAZNの人も同じような感想だとは思うが、よく引き分けたと思った。当然、ACLや天皇杯までの流れを考えたら勝たないと行けない試合だった。しかしなんだろう?ここ数試合、先制点までの流れは良いのに、その後急に攻められなくなり、守りも破綻し、逆転されるケースが続いている。今回、なんとか引き分けたのも仙台が勝っているときにダメ押しの攻めの交代(クリスラン選手投入)をせずにいてくれたことが大きいような気がする。

同点ゴールはかなりラッキーだったとは思う。
いつもは1500人くらいのマリサポがユアテックに行くらしいが、今回は1800人のほどだったと聞いた。駆けつけたマリサポの執念でもぎ取ったゴールであり、なんとか得た勝ち点1・・・。ACLはもはや決まってしまったが、この後の天皇杯に向かって勢いをつける為に・・・また万が一天皇杯で破れてしまったとき、セレッソ大阪が優勝することを想定するとリーグ戦4位でいれたらACL出場へ繋がる。実際は得失点差の関係などで厳しいのは変わらないが、ともかく埼スタにも相当なマリサポが駆けつけるはずなので、勝ち点3で締めたい・・・。

埼スタのビジターチケットが復活したら参戦する予定です。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ランキング参加中

posted by ファンキー太郎 at 21:38| Comment(0) | 2017年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

【2017年第20節】アルビレックス新潟戦〜新潟遠征、佐渡ライド3日目〜

目が覚めたら佐渡だったってお話。

この8月の観光シーズンに輪講袋を担いで電車に乗って新潟まで来ましたよ。

〜ここまでの経緯〜


佐渡では友人宅に宿泊させて頂き、少し家の畑とやらを見学させてもらう。

IMG_7281.png IMG_7272.png
スイカは広い畑でないと作れないし、写真の赤シソは野生だっていうから驚き。
個人的には田舎生活に憧れている・・・。



IMG_7264.png
朝食で頂いた土佐牛乳。
この牛乳がまた美味しい。佐渡フェリー内にも売っていたのでオススメしたい。


それで再び両津港まで走る。
IMG_7333.png IMG_7304.png
ホント、良いところですな。自転車ルートとしても最高でした。


IMG_7355.png
両津港に到着。折角なので(軽そうな)お土産を買う。

IMG_7352.png
今夜の日本酒とともに食べるイカさん。

IMG_7361.png
佐渡・・・、また会う日まで。


それで、いつものように宿に自転車を置いてからビックスワンへ向かう。
駅はすでに多くのマリサポが集まっていた。

IMG_7413.png
久々のビックスワン。
見た目がまずカッコ良い。


IMG_7417.png
この日は100kmも走ってないが、とりあえず飲んでおく。


試合。

後半に2ゴール。
山中→マルちゃん(すぐ後ろに前ちゃん)
アマジュンのナイスミドル!

IMG_7437.png
2−0の快勝だった。
やはりどんなに観光が楽しい、素晴らしいアウェイ遠征でも、勝てないとモヤっとした記憶が残る。
この勝利により今回のアウェイ遠征が素晴らしいものとして完成したのを今でもよく覚えている。

IMG_7444 (1).png
そして、この日新潟駅までは何故かトリコロールの提灯がずらっと並んでいた。
何でだろう?
ともあれ、思い出深い良い遠征になった。

(帰りは行きの反省もあって東京駅から自走(皇居2周つき)して帰宅)

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

ランキング参加中。

posted by ファンキー太郎 at 17:42| Comment(0) | 2017年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする