2017年11月19日

【マリサポがゆくロードバイク旅行記】佐渡ライド3日目(最終日)〜アルビレックス新潟戦〜

こちらの記事と一緒にしました。



まだ、アップしてないアウェイ遠征+自走記録は逐次アップしていく予定です。
posted by ファンキー太郎 at 17:46| Comment(0) | マリサポがゆくロードバイク旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マリサポがゆくロードバイク旅行記】佐渡ライド2日目〜アルビレックス新潟戦前日〜

8/4(金)佐渡ライド2日目(まだ佐渡入りはしてません)

この日は朝5時10分頃に起床。
6時の新潟港発の佐渡両津港行きに飛び乗る(結構慌てたw)。
自転車の持込には輪行袋に入れた状態で510円の料金がかかる(2017年8月時点)。


船内の様子。
IMG_7183.png



自転車は船員の方に紐で手摺に固定して頂けた。
IMG_7216.png


フェリー輪行は伊豆諸島(伊豆大島、三宅島、八丈島)で使ったことはあるが、それ以外は初。
伊豆行きのフェリーに比べると内装に高級感が感じられた。

食堂も利用したが普通に美味しかった。
IMG_7223.png


IMG_7359.png
タレカツ丼。佐渡の友人からオススメされました。


IMG_7240.png
 佐渡到着。ここまでおおよそ2時間半くらい。定刻通りである。

自転車を組み立てて、島を一周しつつ友人の家に向かおうとするもいきなり道を間違え、さらには車両トラブル&サイコンにも不具合が出て、いきなり出鼻を挫かれる。やはりロングライドは事前準備が大事である。今回はほとんど準備をせずにここまで自転車一つで来てしまった感じである。しかし佐渡一周ライドは結構厳しいライドになることはわかっていたので、ここは大いに反省したい。



まずは両津港から軽めに走り、大野亀まで来る。
IMG_7248.png
ちなみにこの写真アングルで気付いた方は相当佐渡ライドマニアだと思うが、今回は佐渡一周ロングライド大会のコースとは今回逆回りで周遊した。これ宿泊先(友人宅)を考慮して選んだルート。あの有名なZ坂を登るのではなく、下るというある意味怠慢…。ちなみに今回のライドで同じ方向から走っている人(追い抜き、追い越しのチャリダー)には一度も出会わず、対面から向かって挨拶を交わすチャリダーばかりだったのが印象的。島のライドも普通のライドもマリノスのサッカーも「絶対こうでなくてはいけない」ということは決してないはずだが、やはりZ坂を登らないルートだったことは悔しさを覚えずにはいられない。


17146F58-91C2-4A82-83F1-BD4AEF6F3A49.jpg
佐渡西側は美しい風景のルートが続く。


しかし、後半は事前の準備不足がじわじわと襲ってきた。

まず荷物。背負っていたリュックの中身は3泊4日分の着替え、ユニetc。
今思えば、両津港のロッカーにでも入れておくべきだった。

今年のリーグ第3節に遂行した「アップダウンの少ない鹿島ライド」でさえ、最小限の荷物にしミニトリパラを変更したくらいだ(しかし披露する機会がなかったorz)

そして暑さ対策。
昨年のこの時期に「乗鞍岳」まで自走したのだが(松本1泊経由)、このときには冷却スプレーや保冷バンダナを巻く、朝4時に出発するなど割と準備は万全であった。道具の準備も大事だし、できることなら佐渡に前泊して朝5時、6時くらいにスタートするのが佐渡一周ライドとしてはベストである。新潟で日本酒のハシゴをしている場合ではないw。

西側の岬を走行距離が150kmを超え、登りに差し掛かった時に熱中症的な症状を感じてきた・・・。

下りでもペダルを回せないくらい疲弊する・・・。


IMG_7449.png
時折ある「トンネル」は絶好の休憩ポイントだった。


かつては洞窟が夏場を凌いでいたという事実を身を以て痛感。
普段はあまり好きではないトンネルルートだが、この日ばかりは「できるだけトンネルを走りたい」と願い続けた。
そんな感じで騙し騙し走っていたわけだけど、夕飯時に友人宅までたどり着く時間等々を考えると、
若干のショートカットをせざるおえないと感じた。

んで、なくなく沢崎まで行かずして、小木港に行く。
つまり今回は佐渡一周の完全制覇はここで終わった。
とはいっても今回はZ坂も登っていなし、次回、正式に「1日で佐渡を一周する」旅をしたいので別にいいかなと思ったり。
(と思っていたが、実はこの記事の執筆中にアルビレックス新潟の降格が決まってしまった・・・。
でも関係なくリベンジしたい。それに再来年はきっと新潟でまた戦えるはずだ。)

IMG_7315.png

佐渡ライド3日目に続く。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

posted by ファンキー太郎 at 16:04| Comment(0) | マリサポがゆくロードバイク旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

【マリサポがゆくロードバイク旅行記】佐渡ライド1日目

夏のアウェイ戦第一弾。

新潟自走。

これは鹿島や札幌遠征よりも、もっと前から考えていたことだ。
横浜から約300km強の超ロングライド。
例え、峠が何本あろうとも本気で行くつもり…だった。

しかし、新潟遠征前に佐渡出身の友人と自由ヶ丘でご飯を食べていたときのこと。
「8/5に新潟自走?その頃、丁度佐渡の実家にいるんだ。何ならウチ来るかい?泊めてあげますよ。


懊悩煩悶の末、大して悩まずに佐渡に渡ることにした。
もう今年の乗鞍に登れないかもしれない。

勿論佐渡は日帰りで観光できるようなところではないので、
なんと仕事でもないのに新潟に3泊4日滞在する大日程を組んだ。



初日8/3(木)。

ハッキリ言ってこの日はダメ人間の鏡になれたと言ってもいい。まず今回は自走ではなく輪行で新潟駅まで向かうわけだが、何を血迷ったか「新横浜から東海道新幹線で東京駅に行く」という見かけたら「プププッw」と笑われてしまう暴挙に出た。基本的なチャリダーの在り方として、家から新幹線の駅までは自走で走るべきであり、都内近郊で北上する場合は東京駅まで走ることがセオリーな気がする。移動にお金を掛けてはいけないのは自転車旅の鉄則な気もする。

8月は街を散策するなど観光するのに良い季節だと思うが、夏休みシーズンでもあり列車が混んでいた…。
上越新幹線の乗車の際は一本見送って自転車を最後方に何とか入れ込み、その後部座席に座る。

〜〜〜〜〜

2時間ほどで新潟到着。

自転車は輪行袋に入れたまま。
この日は何と自宅-新横浜駅間の超短い距離しか乗らず。

まずはお昼。
B349BFFB-B059-4E41-A15F-207A1E1E89A4.jpg



そして…
07316B86-2EE0-45FD-8525-FA3CFE0316F8.jpg

86A70EDA-431D-4A66-A903-F9E2DEE007F1.jpg



もう日本酒。

新潟駅ナカのぽんしゅ館を訪ねる。
500円でおちょこ5杯分の利き酒が楽しめる。

このブログやツイッターでも何度も主張しているけど、新潟の日本酒は素晴らしい。特に「佐渡の北雪YK35」は自分の中でいまだに日本酒No.1でもある。

んで、結局夜はあまりお腹が空いてなかったこともあり…

これでもかというくらい、日本酒を飲む。
ハッキリ言って普段は「日本酒は飲まない」生活を送っているだけにボディーブローのような効いた。世の中、色んなお酒があるわけだけど、やはり日本酒に優るあらめや…。でも八海山ビールもかなりオススメ…。


続く…


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ




posted by ファンキー太郎 at 08:27| Comment(0) | マリサポがゆくロードバイク旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする