2016年12月29日

【2016年天皇杯準決勝】鹿島アントラーズ戦@ヤンマースタジアム長居〜終戦とこれから〜


「2016年シーズンの終了」


【サポーター】
常に妄想し、期待する生き物。
どんな年でもタイトルは意識するし、どんな状況でも負けることを想定してはいない。
冷静に試合を解説し、リアリストに徹するのであれば、サポーターではなく解説者になったらいい。

ヤンマースタジアム長居での天皇杯準決勝、鹿島アントラーズ戦。

「チームが〜〜〜」とか、「パンゾーが今シーズンまで〜」とか鹿島アントラーズにしては何一つ関係のない出来事。
淡々とプレーされ、要所を抑えられ、結果からすると2−0というスコアで敗北した・・・。

前半はマリノスのボール回りが良く、勝利への期待できた。コンビネーションの良さは合宿のおかげだろうか。
後半から出場したShunsukeのキックはやはり次元の違いが感じられた。
それに加えてマナブの無双な感じのドリブルに、マルちゃんのスプリント力・・・。
「決勝に進める」と本気で思っていた。

しかし・・・
(今回やたら鹿島推しだった)解説の山本氏の言葉を借りるなら、「鹿島の最後の一歩の詰め」ができていて、
それが毎回確実にできなかったマリノスの詰めの甘さが露呈・・・。
特にオフサイドで得点できなかった直後の鈴木選手からの失点・・・。
もしかすると、気の緩みみたいなものがあったかもしれない・・・。

鹿島アントラーズ。さすがはJリーグチャンピオンになり、クラブW杯で2位になっただけある。
勝てるチャンスはあったが、それを感じさせつつもさせなかったことを讃えるべきなのだろう・・・。

いずれにせよマリノスの今シーズンの公式戦がすべて終了し、
パンゾーを含めた今のメンバーと戦う試合が全て終わった・・・。

<2016年の結果おさらい>
リーグ戦:10位
ルヴァン杯:準決勝敗退(ガンバ大阪)
天皇杯:準決勝敗退(鹿島アントラーズ)


結果からするとあまり芳しくない・・・、特にリーグ10位の結果は・・・。
そしてここ数年と違うのは、監督に対する批判(特に来季の年棒アップ)が強く、
フロントのレジェンドや功労者に対する扱いに大きな批判が出ている(今は少し改善されてきたが・・・)。

そして、(多分)何一つ確定した情報がない中で「選手移籍」といった不安を煽り、PV数を稼ぐメディア。
文春砲と呼ばれる不倫報道級にタチが悪い。でも一番いけないのはそういう情報に振り回されてしまうこと。

多くのサポーターが「来年以降のマリノス」に不安を覚えてるかもしれないし、
今季は色々と想いを試されるオフシーズンになるかもしれない。

私の基本的な考え方は、サッカー選手(に限らずだが)の短い限られた時間の中で、好きな場所で生き生きと生きて欲しいので、去る選手については何も言わないし、どんな選択も支持する(というか少なくとも批判はしない)。またサポーターには選手の去就に対して何も言う資格はないと思っている。

選手だけではなく、サポーターに対しても同様である。

今季マリノスユニを着ていても、「来年はマリノスユニを脱ぐ。Bリーグで横浜を応援する。」「乃木坂46を追っかける。」もしくは「レッズやアントラーズが強いからそっちを応援する」と言う人に対しても、別に何も言うつもりはない。

実際にそういう人を見てきたし、それでもいいと思う。

チーム愛は与えるものであって、他人に求めるものではない。

仮にレジェンドや主力選手がゴッソリ抜けるような事態になっても、日産スタジアムに出向き応援し続けれるか?
他サポに喧嘩を売られるリスクも抱えながら、各アウェイの地に堂々とユニを着て乗り込めるか?美味しく飲めるか?
エディオンスタジアムへ向うキツイ勾配坂をユニを着てヒルクライムすることはできるだろうか?
各地のマラソン大会などのイベントにユニを着て出続けられるか?

それを「あたぼうよ!東横線沿線か(=菊名→きくな→聞くな)!!」と言える人もいれば、
「うーん、シュンさんがいないと・・・」という人もいるだろう。
「来シーズンが始まってみないとわからない」という人もいると思う。
(どちらかというと、3番目の答えが割と正常な気もする)

サポーターそれぞれが、それぞれのサポートスタイルや去就を模索し始める。
そういう時期が訪れているだけだ。

ただ来年はポジティブなニュースもあると思っている。
Jリーグ自体が今までにない盛り上がりを見せていて、DANZの参入で優勝賞金が10億円に跳ね上がる。クラブが貰える固定分配金も2億円から3.5億円に上がる。さらには誰もが納得する1シーズン制が戻ってくる。

来年のJ1参加チームに言及すると、福岡は去ってしまったが札幌が戻ってくるし、自走圏内(?)の清水エスパルスも戻ってくる。来年もいくつかアウェイを旅することになりそうだ。

ひとまず、今年の試合記録はこれにて終了。

来年、何処かでまた会いましょう。

↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)
posted by ファンキー太郎 at 20:18| Comment(0) | 2016年天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2016年天皇杯準々決勝】ガンバ大阪戦@日産スタジアム


「今年は何度、日産スタに行くのだろうか?」

これが多くのガンバサポの思いだったのではなかろうか。


日産スタジアムで行われる今シーズン最後の公式戦。
天皇杯準決勝、ガンバ大阪戦。

しかし、私はこの日は山間の中でヒルクライム特訓・・・。
マリノスにはマリノスの戦いがあり、自分には自分の闘いがある。
ただ、自分の中には常にマリノスがあり、
マリノスから学んだ闘志を燃やすようにしている。
あと、ついでに脂肪も燃やしている。

それで、今回のガンバ大阪戦は録画観戦した。
マナブがPKで決め、一度は今ちゃんにゴールを奪われるも、
アマジュンがメンタルの強さを魅せつけた決勝点を奪う。。

次戦、鹿島アントラーズ戦。

常に天皇杯は決勝戦のような気持ちで戦うべきなんだけど、
この鹿島アントラーズは今のマリノスの流れの中でも重要な一戦になる。
最近勝ててないことは選手もサポーターもわかっている。
しかも、今年鹿島アントラーズはJリーグチャンピオンであり、レアルに惜敗した世界2位の称号を持つ。

良い状況だ。
鹿島を破ることで、今シーズンの色んなモヤモヤ感を吹き飛ばし、ピッチ外でのゴタゴタも水に流したい。
そして、決勝で川崎フロンターレと対戦し、2013年のケリをつけたい。

必ず勝つ。

↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)
posted by ファンキー太郎 at 14:01| Comment(0) | 2016年天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

【2016年天皇杯第4回戦】アルビレックス新潟戦@日産スタジアム〜轟くパンゾーコール、最後まで戦う〜


小林祐三と共に天皇杯制覇

騒動なんて気にしない・・・。平穏でなくても目の前には幸せなことが一杯・・・。
(KOHHの「貧乏なんて気にしない」風)
って訳には行かないと思うけど、時間は淡々と進む。

まずは天皇杯ベスト8を目指し、挑んだアルビレックス新潟戦。

いや、もしかしたら
「今のメンバーで1試合でも多く試合を・・・」
というのが本音なのかもしれない。

「元旦まで現メンバーで試合を・・・。そして天皇杯制覇」

多くのマリノスファミリーの願いなんだろう。

私自身、この試合は現地観戦は叶わず、久々のホーム戦の録画観戦。
前半から新潟に押し込まれる展開。相手のミスに助けられたところも多かった。
後半は翔の投入もあり何とか持ち直すが、それでも得点には結びつかない。

じれっとした展開で、ついにアディショナルタイム突入。
「延長覚悟」
そう思った時に、FK獲得。キッカーはアマノジュン。

アマジュンに謝りたいのは、この時「シュンがいれば」と思ってしまったこと。
過去に何度もシュンのFKで劇的な瞬間を目撃している。
今回のシチュエーションに酷似している、「2015年の万博の同点ゴール」こそ、その場にはいなかったが、
今年のレベスタや吹田など、FKでの劇的な場面は立ち会っていた。

そして、アマジュンはいい意味で期待を裏切ってくれた。
「左隅にゴール!!」
テレビでも相当熱くなったので、現地にいた人は比にならないくらい熱い展開だったと想像する。
こういう多幸感に満ち溢れた瞬間はそう沢山あるもんでもない。

ゴタゴタ、モンモンしてる場合ではないか。
ユウジの年棒に関しては改善の兆しが見えてきた。
フロント側がサポーターの声も意識して反応したのであれば、多くのマリサポがネット上や実際の場で
意見を述べたことが報われた気がしていて非常に嬉しい限り。
私も一里塚・・・になってないかもしれないが、見えない力が働いたと信じておく。

パンゾーに関してはもう決まってしまったことなので、どうしようもないかもしれないけど、
最後まで、本当に最後まで一緒に戦いたい。そしてタイトルを現メンバー皆で掲げたい。
マリノスナイトもどんな手を使ってでも行きたいと思っている・・・。12/9?金曜なのかな?
(*このブログ執筆後、無事にチケットは取れました)

吹田、元旦。
とりあえず大阪の宿だけは押さえた。道頓堀に行きたいし・・・、余裕があればアワイチも・・・。
決勝まで行けるかわからないけど、もう行くつもり。
その時は当然優勝するつもりで。

パンゾーという選手を送り出すための花は「天皇杯優勝」しかないと思っている。
現在の有利不利とか関係ない。
一ヶ月の猶予もできたし、怪我人の復帰、チーム力の向上、個人の成長にかける。

元旦の勝利まで突き進む。

2017年元旦、吹田での天皇杯優勝までパンゾーへの愛を慣らしていく!

↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)




posted by ファンキー太郎 at 08:16| Comment(0) | 2016年天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする