2016年04月09日

吹田スタジアムからの道頓堀劇場〜大阪遠征番外編〜


160409-tori - 1.jpg
*要約:道頓堀のクオリティーの高さに沈黙しろ!トリコロール!


吹田スタジアムでのマリノス初勝利を目撃した後の話。
さすがに大阪日帰りは勿体ないという想いもあり、大阪の日本橋(なんば付近)で一泊することに。
大阪自体、実は7年振りに来たのだ。しかも前回は仕事で来ており、堪能しないわけにはいかない。


160409 - 2.jpg
試合後のスタジアム外の様子。

スタジアムから万博記念公園まで道が狭い箇所もあり、さらには浪速のチャリダーが合流する部分もあったりするので渋滞が起きていたのだと思う。

「これはこのまま駅に行っても、サマーソニック終演後の海浜幕張状態になるんちゃうか?」
と思った私は急遽、モノレールに乗らないルートで帰宅することに。

といっても、前回のレベルファイブスタジアムの時のようにスタジアムから宿泊先まで走ったわけではない。
バスと地下鉄を併用して、大阪の日本橋に向かった。


詳しく書くと次のようなルートだ。
グーグル先生の検索でも次のように出てくるとは思う。

★オススメ帰りルート★
吹田スタジアム
↓徒歩8分(混雑してると12-15分くらい)
バス停 山田樫切山で乗車
↓バス9分
バス停 山田西四丁目で下車
↓徒歩4分
山田駅
↓阪急千里線 直通31分
日本橋


160409-yamada - 1.jpg
山田駅

山田駅から電車に乗ったわけだが、ビックリするくらい空いていており、スポーツ観戦やライブ参戦をした後に、ゆったりと座って帰れるなんてことは初めてじゃないかと思ったほど。直通でホテルの最寄り駅に行けたのも大きかった。もし今後吹田スタジアム後になんば付近での宿泊を考えている方は山田駅を利用することも考えてみてもいいかもしれない。



160409 - 3.jpg
なにわの繁華街「道頓堀」

道頓堀の人は益々増えているんじゃないか?と思ってしまうほど賑わっていた
あとは桜の季節なのか、元々人気の観光地だからわからないけど、外国人観光客が多かった。

この日はナイトゲームだったこともあり、宿にチェックインを済ませて道頓堀付近に着いたのが23:00くらい。多くの飲食店はラストオーダーが終わってしまっていたが、24時間開店している居酒屋などもあり、それなりに大阪名物を堪能した。



160409 - 5.jpg
串カツ

旨い。世の中のグルメで好きなモノのひとつ。ただ最高に太りやすいのが難点だが。


この日、私は大きな過ちを犯した。
基本的には今禁酒をしているのだが、それは一度飲むと歯止めが効かなくなるからだ。
それはお酒に限ったことではない。美味しいモノに出会ったときもそうだ。
時間は24:00過ぎ。
今回の遠征は串カツだけで帰るのが、時間帯、体重減量期間、マラソン大会一週間前などあらゆる面を考慮して、疑いようのない唯一の選択。

しかし、行ったよ。オレは行った。
(BRAHMANのTOSHI-LOW風に)


160409 - 6.jpg
徳島ラーメン

まあ、淡路島通ればすぐにいけるからね。チャットモンチーのホーム徳島。
スキヤキ風のスープに生卵。
最高に旨い。

とりあえず反省として、このブログはローラ台を廻しながら書いている…。
お腹への気を回すより、私にはローラ台をひたすら回す方があっている。
そんなローリングデイズ。
(山崎あおいも憧れた「YUI/Rolling Star」風に)


これで今回の遠征グルメは終わり…。



大丈夫。




私もそんなことは微塵にも思ってはいなかった。




翌朝。

160409 - 11.jpg
再び道頓堀へ。



160409 - 7.jpg
老舗カフェでのチーズトーストで朝食。生きている限り食欲は尽きない。



160409 - 10.jpg
チーズタルト専門店PABLO。
昔、渋谷のセンター街にもお店を構えていて、いつも行列ができていた名店だ。
都内にもあるが、大阪に本店がある。



160409 - 9.jpg
4月からの道頓堀限定のメニュー「焼きたてミニチーズタルト たこ焼き」。


たこ焼きという名前や見た目だが、もちろん
160409 - taco.jpg
*昨年の夏、銛で捕獲した。

が入っているわけではなく、たこ焼きの食感としてはシュークリームに近い。ベルギーで食べたワッフル並みに美味しいスイーツかもしれない。タルトの美味しいは勿論、チーズ特有の味と生クリームの甘味が上手く溶け込んで非常に良い味を出している。道頓堀店限定メニューということで、是非近くまで来たらオススメしたい。



160409 - 15.jpg
たこ焼き。ベタだけど、食べないわけにはいかなかった。




一応、グルメ以外に観光もした。


160409 - 13.jpg
よしもと漫才劇場。

立ち見が出るほど盛況振りだった。多分5%くらいはマリサポだね。

お笑いはあまり詳しくないし、芸人で面白いと思うのは「若井おさむ」くらい(脱線するが若井おさむは想像できないほど壮絶な人生を送っている。詳しくはリンク先で確認してほしい)。松本人志も太田光は鋭角なコメンテーターという認識だし、ザキヤマさんはただイケメンで、野々村竜太郎元県議など「芸人ではない人物」の方が最高に面白いなあと思う。

が、やはり芸人は面白かった。安定した面白さはあった。
個人的にはサッカースタジアムやライブハウスの方が好きだが、お笑いも悪くないと思ったり。
個人的にリピートするかはわからないけど、興味がある方にはオススメ。

大阪。
初めてちゃんと歩いてみて、総じてパワフル。
新宿に行くと色んな人が多すぎて、頭がクラクラするようなインスピレーションを得ることはあるけど、大阪にはとにかく熱気とパワーがあった。何故あんなに看板が派手なのかもわからないし、夜中の人の多さ、昼間から営業する居酒屋、こんな時間に「人いるの?」と思って覗いたら普通にお客さんもいるし…。海外では何度か見た光景だけど、色んな意味で日本の中でも異彩を放っている。

大阪にいるときに飛び交ってくるリアルな関西弁にも感動した。
関東の人間からすれば、そんな些細なところで感動するねん。
エセ関西弁ですまへん。


今回の大阪遠征のおかげでマラソン前のカーボローディングは十分。
勿論「こんなに早くからカーボしても意味ないだろ!」という批判はスルーする。


明日は浦和レッズ戦。
私はフルマラソンのレース。昨年の横浜マラソン以来のレースになる。
気合は入っているが、正直コンディション調整に失敗し、あまり良い状態ではない。

しかし、最後まで目標タイムを目指してやり切る。
このガンバ大阪戦で貰った「勇気」をレースに持っていくぜ。


↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。
posted by ファンキー太郎 at 14:25| Comment(0) | 書ききれなかった遠征の番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

レベルファイブスタジアムで起きたもう一つの闘い


さて、2016年3月5日のレベルファイブスタジアムでの試合後のこと。

帰り方は色々あるけど、最初は「またレベスタから博多のホテルまで走ろうかな」と考えていた。
ただ実際には夜9時を過ぎていたってこともあり、
福岡空港駅までの歩き(20分)をスロージョグと解釈して地下鉄で帰ることに。

博多に戻ると夜10時を過ぎていて、
「いつもだったら食事NGの時間帯だな」と思いつつも

「食の都九州・博多まできて、何も食べずに帰る・・・
もしかしたら「サッカー以外何も求めない」粋なサポの姿かもしれないけど、
Jリーグの一つの理想像の地域活性に応えてないよな!」
と理論構築し、

「もつ屋」にいって、「もつ」を徹底的につついた。

160305 - 14.jpg
「切り裂く!突き刺す!」昨年のマナブのように・・・。


そして、お店の人に上手く流されて・・・

160305 - 13.jpg
久々のお酒・・・。

1杯だがかなり回った・・・。
一人お酒を断つようになってから確実に弱くなった・・・。痩せるにはいいかもしれないが・・・。

夜23時。
お酒も飲んだら、やはりラーメンも食べたくなった。
当たり前だ!!!!!(鬼畜アーロンからナミを救うルフィー風のテイストで)

「でも減量中なのに夜中のラーメンなんて、
祐二のバックパスがオウンゴールになってしまうくらいヤバイ、
完全にアウト。」


ここは気持ちで阻止しようとした。

「でも博多まで5万円くらい使って来て、本場のラーメンを食べないのは、
ビハインドでシュンスケがFKを蹴らないようなもので・・・」


と葛藤してきたので、両者がwin-winになるとても良いプランを実行することにした。



朝6時。

160305 - 15.jpg
ソフトバンクの本拠地であるヤフオクドームまで約7kmを走った。

160305 - 22.jpg 160305 - 23.jpg
マリノス君、ベカッ太君もそうだが、トリキャラはキュートだ。
最近だと「カラスは真っ白」の「からしくん」にゾッコンしている。


この時間帯の人も少ないし、博多は道が広いのでなかなか走りやすく、
パルクールもどきをかなり入れ込んだ完全に自己陶酔した
「正直いけ好かない(ver『桃太郎』)」ランだっと思う。

ヤフオクドームの前は広い砂浜になっており、その砂浜も好んで走った。
160305 - 20.jpg


そして、その後に
博多に住んでいた友人がイチオシしてくれた長浜ラーメンにチャレンジ。

160305 - 28.jpg


そう、博多には「朝ラー」ができるお店が存在する。
160305 - 29.jpg

朝「ラー!」できるとは思っていなかったから朝から開店しているお店があったことは有難かった。
しかも席がほとんどないくらい混んでいるという盛況ぶり。朝7時なのに!
麺の太さ(細麺)は勿論、量も味の濃さもラン後にはちょうど良く適量で良かった。

朝ラーも堪能でき、その後も少し走って14km程度のランをこなした。
今回は遠征とランをうまく両立できた良い事例になったと思う。

次は新潟戦。

新潟は食も寿司を中心に素晴らしいが、なんといっても日本酒。レベルが超高い。

人生でいまだに佐渡の「北雪YK35」を超えるお酒には出会えてない。
飲んだことがない人に超がつく程オススメしたい。値段は高いが飲んで損はないはずだ。


新しい闘い(葛藤)がまたここに一つ。

今週の金曜日まで、行くか(飲むか)は悩んでみたい。

↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。Let's funky!!

posted by ファンキー太郎 at 18:49| Comment(0) | 書ききれなかった遠征の番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

【大分戦直前】大分のオススメしたい飲食店ベスト3


「大分 is awesome」


大分は2013年の天皇杯だけでなく、仕事でも何回か行っています。
今まで色んなお店には行きましたが、特に良かったところを3店厳選し紹介します。
今後、大分に遠征するマリサポの参考になれば幸いどす・・・。

【その1】いかや
ここはイカ料理が有名な老舗店舗イカ刺し、イカシュウマイ、イカコロッケ、イカソーメン
「イカでこんなに料理が作れるのか!」ってくらい、イカいかが?」なお店です。
かなり有名なお店なので2013年の天皇杯のときに行った時にもマリサポを見かけたなあ。
お店は広いですが、日によっては入れないくらい混むのでテーブル席が良い方は予約をした方が無難かも。

【その2】まんとく

ここは一番オススメしたい店かもしれません。いつも満席で大人気の焼き鳥の名店「まんとく」。
なんと食事のメインメニューが3つしかありません(笑)。
もも焼き」
「たたき」
「さしみ」


どれも美味しすぎて泣けてきます。
横浜で鳥刺しを食べてようと思ったら、新横浜のプリンスペペにある「食品館」で高いお金を出して買う感じになりますが、九州なら大抵普通のスーパーに売ってますね。
そして大分で鳥刺しを食べるなら「まんとく」で間違いありません。

【その3】かみ風船
「とりてん」、「りゅうきゅう」などが大分の郷土料理ですが、その辺りの基本を押さえており、関サバなどの玄界灘特有の海の幸もあります。紹介した3つのお店の中では最もバランスが取れているお店ですね。価格もリーズナブルです。うーん、書いてたら行きたくなってきた!!


<おまけ〜大分駅前情報〜>
JRおおいたシティ

ここが今年完成した大分駅前の商業施設。
ショッピングモールに、映画館、そして温泉・・・。
私はショッピングモールだけには行きましたが、まあ、みなとみらいのワールドポーターみたいな感じ良かったですね。温泉にも行ってみたいな・・・・。


↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。Let's funky!!

posted by ファンキー太郎 at 00:00| Comment(0) | 書ききれなかった遠征の番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする