2015年12月09日

【2015年2ndステージ第17節】松本山雅FC戦@日産スタジアム


「ヒズムリアリズム」

今シーズンが終了した。
ランナーにとってはこれから楽しい(苦しい?)シーズンが始まるわけだが、
横浜Fマリノスは早くも店じまい。

この最終節。
マリノスはもはや優勝も降格もない状態。
松本山雅は既に降格が決まった状態。

それでもこの試合に集まったのは44226人。
チーム愛・・・。3番の力・・・。
いろんな理由があるかもしれないが、優勝とか関係なく
皆んなサッカーが見たいってこと、そこに何かしらの魅力があるってこと。
それは素晴らしいことだし、大事にしておかないといけない。

151121 - 2.jpg

多くの山雅サポが集まった。今年のアルウィン戦も確かマリノス戦が今年最大入場者数だったと思う。
お互いにそんな記録を作りあえるのは素晴らしい。
私はスタジアムやホスタピリティとして、松本山雅は素晴らしいと思うし、
また対戦したいチームの一つになった(もちろんJ1で。マリノスが降格して対戦するとかではなく)

さて、マリノスとしては、この最終節は勝って終わりたかったところだが、
残念ながら、スコアレスドロー。
アデミは恐らくマリノスでのラスト試合だったのだが・・・。
ここで勝って、良い思い出ともに送り出したかった・・・。

昇格組に弱いとか、いつまでも言ってられない。
今季はこれで終わってしまうが、来年は大宮、ジュビロ、アビスパにはしっかり勝っていきたい。

最終戦ということもあり、嘉悦社長とモンさんからのスピーチ。

151121 - 4.jpg

クラブチームの社長というのは大変である。
結果を出さなければ、必ず謝罪から入る。降格なんてしてしまったら特に大変だ。
横浜Fマリノスというチームを考えるのであれば、優勝しなければ謝罪から入るものだと考えている。
これが「残留が目標」なんてチームにはなって欲しくない。どんなに厳しい状態になっても。
「成長に満足」するものもいいが、「結果に不満足」する方が結果的には良い方向に結びつく気もするんだ。

モンさんのスピーチはびっくりするくらい少なかった。
ただ、この状況、監督の立場から感謝以外の言葉を発するのは難しい。
別にスピーチで言い訳も聞きたくないし、「メルシー」の一言でも十分だったと思っている。

「言葉よりも行動・結果」

それは私みたいな平凡な仕事をしている社会人でもそうなのかもしれないね。
来季の続投も決まっているし「モンさん」には期待している。

「横浜に新しい風を!」

↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。Let's funky!!


posted by ファンキー太郎 at 20:24| Comment(0) | 2015年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

【2015年2ndステージ第16節】鹿島アントラーズ戦@茨城県立カシマサッカースタジアム


「皆がいる」という誇りを胸にここから走り出す。

昨日の試合は頂点に行くための天王山、乗り越えないといけない壁だったが
超えることはできなかった・・・。

やはり鹿島はナビスコ決勝で見た通り強かった。
マリノスはほとんどチャンスもなく、決定的なシュートも少なかった。
最近の試合で得ていた「被ファール」の数も少なく、逆に俊さんがイエローをせざるおえないような展開。
2得点のカイオ選手のシュートも見事。
解説の福田さんが言ってたように今Jリーグで一番強い気がする。
前日のブログで「マリノスの実力を試す」と語っていたが、今回の内容からチャンピオンシップに
出場する力はなかった・・・というのが素直な現状の受け止め方だろうか。
認めたくはないが「力負けした」ということに対して否定された立場をとる人はほとんどいないと思う。

今回の敗戦は3ヶ月ぶりの負けで、そして何よりチャンピオンシップへの道が完全にシャットアウトされてしまった。呆然としてしまったサポーターは多かったと思う。

私も呆然としてしまった・・・。
今回は諸事情により現地に行けなかったことを悔やんだ・・・。
これは別に、「勝ち始めたアウェイ名古屋戦から鳥栖以外のホーム&アウェイに行ってる
私は負けなしの女神・・・・」なんて勘違いをしているわけではなく、
「苦しいときほど、そこにいるサポーターでありたい」
と兼ねてから思っているからだ。

今回も多くのマリサポが鹿島に行っていると聞いているし、
そのことを同じマリサポとしては大変誇りに思う。


まだ一週間後には天皇杯があり、二週間後にはホーム最終戦がある。
学も言うように気持ちを切らしてはいけない、止まってはいられない。
またここから頂点を目指す。

WoーマリノーWoーマリノス
WoーマリノーWoーマリノス
気付いた時にはもうトリコロールが好き
そして死ぬまでずっとトリコロールが好き



↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。Let's funky!!


posted by ファンキー太郎 at 13:00| Comment(0) | 2015年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

【2015年2ndステージ第15節】川崎フロンターレ戦@等々力陸上競技場


「ファビオも語った1%の可能性。そこに賭けるアクションは未来へ100%繋がる・・・」

等々力での川崎フロンターレ戦アウェイゲーム。
普段、日産スタジアムにチャリで通う「チャリサポ」としては、等々力競技場も同じく「0円(自転車)」で行ける素晴らしいところ。
特に等々力競技場は最寄り駅から遠いスタジアムなので、自転車で行けるのは非常にありがたい。
そのうち、FC東京や湘南には自転車で行ってみたいところ・・・。浦和にも行けるかな?
交通費が浮いた分は、マリノスグッズに回せばいい・・・という
『弱虫ペダル』的な発想がまだあるね、私(笑)いい大人だから脚以外でもっと稼ごう(笑)。

たぶん電車で行ってたら、帰りに「勝利の祝杯を!」といって、
武蔵小杉駅ナカにある「ヴィノスやまざき」でバローロみたいなワインを買ってたと思うから、
コスト的には自転車で行く選択肢は間違ってはいない。ただ、まあ疲れた。

で、普段乗っているロードバイクではなく、敢えて重さのあるママチャリをコキコキして等々力に到着。
たまにランニングなどでも来るけど、このエリアは非常に良いところだ。
近くの武蔵中原に限って言えば、コメダ珈琲は非常に良いお茶飲みスポットだし、
「七ふく神」という本当に「神様のお店」としか思えない、素晴らしいフグ料理を信じられない値段で
提供してくれる飲食店もある。

さて・・・

中に入ると、リニューアルされたメインスタンドを見えた。
151026 - 1.jpg
カッコイイじゃないか・・・。

そして、何故かマリサポの人気者がピッチにいた・・・。
151026 -2.jpg

そして試合の方を簡単に振り返ってみたい。
前半はラグビーのように、オフェンスとディフェンスがきっちり分かれた展開が続いていた。
改めて思うのは、川崎フロンターレはやはり良いチームだ。
あのパススピードで正確にボール繋ぎ続けられるのは素晴らしいし、
ショルダータックルからのボールを奪取する力も目立っていた。
ボールを繋ぐ力は間違いなくリーグ屈指だろうし、このポゼッションがあっての爆発的な得点力なのだろう。

しかし、マリノスにも当然リーグ屈指の強みがある。
伝統的な守備力、そしてセットプレー、個の力。

今回もその3つが光った。

前半39分の俊さんのFK!
そして決めたのはファビオ!
前回のリベンジ弾!!
(上原ひろみのブログ風の言い回しで)



ファビオは今シーズン4ゴール目。
マンU戦で素晴らしいヘッドを決めてから、ファビオヘッドに対しては憧れさえ抱いている・・・。
毎試合決めても良いんだぜ、ファビオー!

後半も攻められはしたが、所々でチャンスもあった。
オフサイドにはなったけど俊さんからマナブのシュートも惜しかった。
あそこを決めていたら「うまく守りきった」ではなく「カウンターで賢く得点を量産した試合だった」という試合の印象に変わっていただろう。

ただ今回の試合に限って言えば「守りきった」という事実が大事。
最近はこういう試合はなかったので、「しっかり守って勝った」という試合もまた良し。



「負けたら失ってしまう」試合に勝利し、可能性を繋いだ。

残り2試合。
2ndステージおよび年間順位を整理すると・・・

★2ndステージ
1位 広島 勝点34(得失点+23)
2位 鹿島 勝点31(得失点+11)
3位 マリノス 勝点28(得失点+11)


マリノスが2ndステージ優勝には、広島が2連敗し、マリノスが2連勝、かつ得失点で12の差を埋める必要あり。(かつ鹿島に得失点で負けないようにする必要もある)例えばマリノスが3-0、4-0で2連勝し、広島が0-3、0-3で2連敗する(かつ鹿島が+18未満の得失点でリーグを終了すること)。

★年間順位
3位 ガンバ大阪 勝点60(得失点+17)
4位 FC東京 勝点59(得失点+11)
5位 マリノス 勝点54(得失点+15)


マリノスが3位に上がるには、マリノスの2連勝を前提とし、ガンバ大阪の2連敗、FC東京は良くて1分1敗で、得失点はマリノスを下回ることが条件になる。

現実的に2ndステージ優勝は難しいかもしれないし、
ガンバ大阪の実力と勢いを考えると、年間順位3位も厳しい状況になったかもしれない。

ただ、マリノスは間違いなく「良い状態」にある。
今回の1−0のゲームをモノにしたことからも伺えるはず。

可能性が1%でもあるなら、チャンピオンシップを諦めるべきではないし、
もちろんこの良いチーム状態を天皇杯に繋げ、確実にタイトルを獲ることが大事。

リーグも終盤戦。
まだ躍進劇の先にある「頂点」を信じ続ける!!


151026-3 - 1.jpg

イダレ!横浜!


↑記事に「いいね」を押していただける方は是非クリックをお願いいたします(・ω・)。Let's funky!!

posted by ファンキー太郎 at 23:29| Comment(0) | 2015年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする