2024年05月13日

【2024年ACL決勝第1戦】アルアイン at 横浜国際総合競技場〜強い覚悟〜

あら、いつの間にかツイートが埋め込めなくなっているけど(ですよね?インスタは埋め込めるみたいだ)
例の得意技である
「〜〜〜したらxxxする」を決行。
端的にいうと表題の試合に勝利したら数年ぶりにブログを更新するといった内容だ。

002.jpg
遂にきたよ、ACL決勝。

ブログでは完全に沈黙していたF太郎。
Twitter(今となってはX)では、気が向いたら出向いた試合の写真を一枚ポストする程度。
今は仕事面で色々あって、かつてのチャリダー体型が変わって横綱昇進を達成したネイマールのようなとても立派な体型になり、ロードバイクには一切乗らず、土日も働く時が今はあって、それほど試合に出向けているわけではないのだが、年に3~4回程度の現地参戦に留まる(が、もちろんDAZN観戦はフルコンプリート中だ)


001.jpg

何事も当事者意識はとても大事だ。

003.jpg

004.jpg

バス待ちは至上最高だったのではないか?
ファンサポーターがチームを勝たせるということはこういうことだ。

009.jpg

運営チームスタッフ側の方が記念写真サービスを行っていたので参加した。
オイラも仕事上、この手の撮影のことはよく知っているが、とても大変だ。
大変頭が下がる。

021.jpg

028.jpg

029.jpg

圧巻の景色。
やっぱりLフラッグって良いよね。この大きさとこの数は最高。
オイラの記憶違いかもしれませんが、昔からLフラッグで竿(持ち手)なしで販売してましたっけ?
皆んな、どうやって持ち手部分を作っているかはちょい気になりました。


031.jpg

033.jpg

5万人を超えるサポーター(まあ、正直言うと至上初のACL決勝ということで6万人を超えると思っていたからこれでも多いけど、予想よりは少なかったと思っている)

試合は
037.jpg

2-1

逆転勝利!
好調のウエナカ選手とワタナベコータ選手が決めた。
ワタナベコータ選手がVARチェックは前回W杯の「三苫の1mm」を思い出す、とても印象的なVAR判定ゴールだった。

あと1戦。
色んな人が指摘しているように、アルアインが今回交代をほとんどしなかったのは、ちょっと疑問には残る(後半ロスタイムに一枚だけ)。
温存といえども、まだ次の試合は二週間後だ。
手の内を明かしたくなかったのか?それとも別の理由があるのか?
いずれにせよ、泣いても笑っても次がファイナル。

勿論、当ブログとしても全力で応援に取り組みます。

「次のファイナル、負けたらブログ閉鎖」

これは2019、2022で優勝した時も持ち出した決意表明だ。
今回もここできちんと示しておきたい。
きっと厳しい試合にはなると思うが、共に戦おう。

ちなみにオイラは次のアウェイのファイナルは現地参戦予定です。
海外自体が割と久しぶりなので、今はセンター南でパスポート申請している(まだ受け取っていない、、、)。
久々にお見かけする方がいたら是非声をかけてください(でも、見た目が横綱なので気づかれないかも、、、)。



posted by F太郎 at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。