2017年12月02日

【2017年第34節】浦和レッズ戦@さいたまスタジアム2002〜最終節〜


復活してきた守備

○1−0


前田ちゃんの「開幕戦のバブちゃんのゴールを思い出させる」ようなゴールが決まり、クリーンシートも決まっての勝利。
浦和レッズに対しては今年はダブル。悪くない結果だ。

最終節としては、とても素敵な非常に良い勝ち方だった。
天皇杯の残り2試合も是非クリーンシートで粘ってほしい。

・・・

本日でリーグ戦は、川崎フロンターレがJ1初優勝して終了した。

まず、鹿島目線からすると、2013年のマリノスを見ているようで切ない。
今朝方のツイートで、「鹿島は負けるんじゃないか」という予想を出していた。実際に負けはしなかったものの、勝ちきれず。最終節の相手が前回ホームでボコボコにやられていた磐田だったのが大きい。鹿島としては何としても33節のホーム柏戦で決めるべきだった。しかし、こういうドラマがあるのがサッカーである。物語は予定調和では決してない。思えば、今年は鹿島天皇杯優勝(2冠達成)から始まった。鹿島は昨年の2ステージ制をうまく利用してリーグ王者となり、Jリーグ勢として(アジア勢としても?)初めてクラブW杯のファイナリストにもなった。しかし、逆にリーグの状況として調子が良かった今年は最後の最後でタイトルを落としてしまう。

また、今日負けた浦和はリーグはなぜか非常に良くない結果だったが、ACL優勝という凄まじい結果を残す。恐らく浦和サポも選手もかなり満足したシーズンだったのではないか?しかしその浦和も思えば、昨年は年間勝ち点で一位でありながらも鹿島にチャンピオンシップで負けてリーグタイトルを逃している。その悔しさがあってのACL優勝という結果だったのだろう。

そして、川崎フロンターレ目線からすると、劇的なリーグ優勝だったと思う。ご存知の通り、川崎フロンターレは、シルバーコレクターと言われるほど、準優勝を繰り返しあと一歩のところでタイトルを逃し続けてきた。昨年は浦和レッズに追いつかず、さらには 天皇杯でも鹿島に決勝で負け、ACLでも浦和レッズにかなりの点差を逆転され、勝てると前評判があったルヴァン決勝においてもセレッソに負けた。「何かの呪いです」と嘆いていた知り合いの川崎サポもいた。しかし、そんな中、リーグで首位鹿島との勝ち点差が離れても、優勝を信じて諦めなかったチームや選手、サポは素晴らしかったと率直に思う。
今回の優勝時での川崎サポのタイムラインやDAZNの映像で多くのサポや選手の涙を見る限り、川崎が今までかなりサイズの大きいコンテキストを形成していたことが伝わってきた。当該者でもないのにだ。佐藤琢磨がインディ500を優勝した時に感じた感情に似ている。(参照:「エモはコンテキストの中に存在する〜佐藤琢磨のシャウトで感じたこと〜」)。そして、今回の優勝で川崎が得るDAZNマネーは18.5億円・・・。これは初めてのケースなのでどうなるかわからないが、Jリーグがもし2極化しビッククラブ化が進むのであれば、川崎はスタートダッシュに大成功し、間違いなくその仲間入りを果たしたことになる。どんなチームになっていくのだろうか?川崎市マネーでサッカーの専スタもできるのだろうか?

その横で悔しい思いをしたのが、横浜Fマリノスである。チームの変革期として挑戦した2017年。劇的な浦和レッズ戦の勝利から始まったものの、序盤は苦しい試合も多く、中位に沈む。しかし徐々に調子を取り戻して、途中は連勝街道を突き進むこともでき、ACL圏内リーグ3位まで躍り出た。しかし、終盤は失速し、今回の最終節で勝利したものの結果は5位・・・。

これを是非、チームも選手もサポも悔しいと思ってほしい・・・。
その思いが天皇杯に生きてくる。

2018年1月1日の天皇杯決勝。
既にチケットは購入済み。
相手は強敵だが、優勝のイメージを強くもって挑む。

最後は必ず勝ってタイトルを!!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

ランキング参加中。記事に「いいね」を頂ける方は↑のワンクリックをお願いいたします(^^)v


posted by ファンキー太郎 at 17:30| Comment(0) | 2017年リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。